藤子・F・不二雄SF短編集

藤子・F・不二雄のSF短編漫画「神さまごっこ」のあらすじ・ネタバレ

神さまごっこ 藤子・F・不二雄 SF短編集

 

みなさんこんにちは、気ぶりの爺さま(@fujiko_comic)です。

 

本記事では、藤子・F・不二雄先生のSF短編漫画「神さまごっこ」のあらすじ、ネタバレを詳しくご紹介していきます。

また記事の最後では、「神さまごっこ」を収録するSF短編集についても一覧で解説していきます。

この記事の内容
  • 【ネタバレあり】「神さまごっこ」のあらすじ
  • 「神さまごっこ」を収録するSF短編集一覧

この記事の信頼性

気ぶりの爺さま
気ぶりの爺さま
この記事を書いている私は藤子・F・不二雄先生の大ファンであり、すべてのSF短編集112作品を読破しています。
>>SF短編集のコレクション一覧はこちら

 

神さまごっこを収録するSF短編集
created by Rinker
¥1,320
(2021/10/22 05:43:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【ネタバレあり】「神さまごっこ」のあらすじ

上居は、会社では後輩の課長に偉そうに指示を出され、家では、妻と息子にいいように使われる毎日。

「一生に一度でいいから、人を支配したいな」と外で夜風にあたりながら考えていたら、突然頭の上には金の輪っか・長い白い髭を蓄え、長衣で杖を携えた「神さま」が「その望み、叶えてしんぜよう」と現れた。

自分を信じない上居に対し、神さまは科学が神を否定したおかげで人々が神を信じなくなった。人々の信仰の概念が実体化したものが神であり、神を信じる最後の一人が死んだとき、自分も消滅するので、上居の望みを叶えようと出てきたのだと言った。

神さまは自分と同じ「金の輪っか・長衣・杖」の「神さまセット」を上居に渡した。そして、上居に「自分の世界を作らせてあげよう。念ずれば思った通りに具現化される。」と杖を叩き別空間に案内して、去っていってしまった。

そこは真っ暗な何もない世界。神さまになった上居は、まず空間を光で見たし、あっという間に緑の大地と青い海、様々な生き物が暮らす「自分の世界」を作った。

それからは、上居は世界づくりに夢中になった。全能感は気分のいいものだった。

上居は土をこねて人間を二体作り、アダムとイブと名づけた。旧約聖書そのままの楽園となったが、アダムとイブは食べるなといった「知恵の木の実」を食べて楽園を出ていき、勝手に繁殖し町を作り、天にも迫る塔が作られようとしていた。

神を信じなくなった世界に興味を失った上居は、神さまに「洪水でも起こしてやり直しなさい」と言われたが、躊躇してほったらかしにした。そして、神さまから、「何千年もの月日が経っている!」と聞き、やっと見に行くと世界は巨大なビルが立ち並ぶ大都会に変貌していた。

長髪のカップルに「僕は神だが、信じるか?」と聞くと大笑いされる始末。「彼らが神を否定することは、君の存在そのものを否定されることだ」と神さまに告げられた上居は、罪悪感に駆られながらも世界に洪水を起こし、人類を一掃する。

その後、上居は会社で、影が薄いことを指摘される。嫌な予感で世界へ行くと、さらに高度な科学文明が形成されていた。人類は滅亡していなかったのだ。罪悪感を持ち、神としての決意が揺らいだことがいけなかったらしい。

表情のないカップルに「カミ?それ何語?」と返され、「不信心者め!滅ぼしてやる!」と杖を振るも、何の威力もない。

気が付けば、足元に影が無い。風にのり飛んでくる落ち葉が、体を突き抜けていく・・・消えようとしているのだ。

上居は必死に、神さまに助けを乞うのであった‥・

 

「神さまごっこ」を収録するSF短編集一覧

藤子・F・不二雄先生のSF短編作品は作成された年代がバラバラとなっていることから、合計22冊ものSF短編集が書籍化されています。

ここでは、「神さまごっこ」が収録されたSF短編集を一覧でご紹介します。

「神さまごっこ」の収録作品一覧
  • 藤子不二雄SF傑作 超兵器ガ壱號(アクション・コミックス/双葉社)
  • 藤子・F・不二雄 SF全短篇 1巻(中公愛蔵版/中央公論社)
  • 藤子・F・不二雄SF短篇集 3巻(中公文庫コミック版/中央公論社)
  • ビッグ作家 究極短編集 藤子・F・不二雄(ビッグコミックス/小学館)
  • 藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版 6巻(小学館)
  • 藤子・F・不二雄SF短編集 5巻(My First BIG/小学館)
  • SF・異色短編 3巻(藤子・F・不二雄大全集/小学館)

上記のように「神さまごっこ」は複数のSF短編集に収録されているため、「神さまごっこ」を読みたくても、どの書籍がオススメなのか分からない方もいらっしゃると思います。

結論を言うと、「神さまごっこ」だけに限らず藤子先生のSF短編集を読むなら、すべてのSF短編112作品が収録された完全版書籍『藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版』の購入をオススメします。

藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版

  • 巻数:全8冊
  • 価格(電子書籍):1,320円
  • 価格(紙の書籍):1,980円

『藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版』には、1冊に10作品以上の短編漫画が収録されており、かつAmazonや楽天でも販売されているので購入もしやすくオススメです。

「神さまごっこ」をはじめとしたSF短編集を読んでみたい方は、ぜひ『藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版 6巻』の購入を検討してみてください!

神さまごっこを収録するSF短編集
created by Rinker
¥1,320
(2021/10/22 05:43:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ABOUT ME
気ぶりの爺さま
「藤子・F・不二雄 SF短編漫画図鑑」管理人。藤子・F・不二雄先生のSF短編集をこよなく愛しており、すべての短編集を読破。SF短編集の素晴らしさを伝えると同時に、お得にSF短編集を読む方法も発信しています。
SF短編集を最安値で読むなら「ebookjapan」で決まり!
藤子・F・不二雄 SF短編集 ebookjapan

藤子・F・不二雄のSF短編集を最安値で読むなら、国内最大級の電子書籍サイト「ebookjapan」が最もおすすめです!

「ebookjapan」であれば、新規購入者全員に電子書籍を半額で購入できるクーポンが6枚も配布されるので、合計3,000円割引の最安値でSF短編集を購入することができます。

Yahoo!Japanのアカウントを持っていれば面倒な登録作業もなく、ワンクリックでログインすることができます。

「できればSF短編集を少しでもお得に読みたい」という方は、国内最大級の「ebookjapan」でSF短編集をお得にゲットしてみてください!

≫「ebookjapan」でSF短編集を購入する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です