藤子・F・不二雄SF短編集

藤子不二雄の「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」のネタバレやラストの感想

超兵器ガ壱號 藤子・F・不二雄 SF短編集

 

みなさんこんにちは、気ぶりの爺さま(@fujiko_comic)です。

 

本記事では、藤子・F・不二雄先生のSF短編漫画「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」のあらすじ、ネタバレを詳しくご紹介していきます。

また記事の最後では、「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」を収録するSF短編集についても一覧で解説していきます。

この記事の内容
  • 【ネタバレあり】「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」のあらすじ
  • 「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」を収録するSF短編集一覧

この記事の信頼性

気ぶりの爺さま
気ぶりの爺さま
この記事を書いている私は藤子・F・不二雄先生の大ファンであり、すべてのSF短編集112作品を読破しています。
>>SF短編集のコレクション一覧はこちら

 

超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)を収録するSF短編集
created by Rinker
¥1,320
(2021/06/22 17:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【ネタバレあり】「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」のあらすじ

超兵器ガ壱号なる人物の前で懸命に「故郷に帰ってくれ」と訴える兵士がいる。

その兵士が小さいのかそれともガ壱号が大きすぎるのか、その人間はガ壱号の手のひらくらいのサイズでしかない。

それは昭和初めごろの世界、主人公である日本人は米軍との闘いの中である無人島へとやってきていたのだ。

彼が呼ばれたのは大学で古代文学解読を夢見て言語学を専攻していたからである。とは言え敵兵からの暗号文を解けというのではなく、ガ壱号なる巨人との意思疎通を行うことが猛敵だったのだ。味方に付けて米軍と戦わせれば無敵となる、そんな意図が日本軍にあったのだろう。

ガ壱号は巨大な円盤でやってきた、どこかの星の宇宙人のようである。主人公の海堂はその日から彼の元にいた。

まずは名前から、ガリバなる人物であることを掴み彼の言葉というのがポリネシア語と類似点があることを掴んでからは早かった。

ガリバの祖先はその昔、地球からロケットで移住しできたという伝説が残っていたのだという。つまりは同じ地球人だったのである。

巨大ではあるものの温厚な性質のガリバ、知能も優良で日本のためにともに戦うと言ってくれた。

その巨大な身体ならば深海であろうとも自由に泳ぎ回ることができる。アメリカの軍だってあっという間に倒して、短銃の名手でもあったのだ。

大活躍の彼、日本軍にとってなくてはならない存在となっていったのであった。広島や長崎の町に向けてB29から落とされた爆弾もガリバが防いだ。

そしてその爆弾をサンフランシスコとロサンゼルスに投じて、こうして戦争は日本の大勝利で終わる。平和が訪れた。

円盤も修理しお別れ会をして宇宙に返してやろうという日本人、だがガリバは帰化したいと言い出したのだ。

でも彼を養うにはとにかく食料が足りない。それに強大な力はもし敵に回ったらと思うと恐ろしすぎるのだ。

冒頭で故郷に帰れとガリバに訴えていたのは彼であった。

青酸カリを渡され殺害を任されたものの、殺したくなどなかった。風邪薬と称して与えようとするも、黙っていることなど出来ず彼はすべてぶちまけたのであった。

自分の立場が分かったガリバ、その上で毒薬を飲むことを決意した。

だが正にその時、仲間の宇宙船がやってきた。巨大すぎるガリバ、だがやってきた仲間には「生きていてよかったな、チビ」と言われていた。

 

「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」を収録するSF短編集一覧

藤子・F・不二雄先生のSF短編作品は作成された年代がバラバラとなっていることから、合計22冊ものSF短編集が書籍化されています。

ここでは、「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」が収録されたSF短編集を一覧でご紹介します。

「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」の収録作品一覧
  • 藤子不二雄SF傑作 超兵器ガ壱號(アクション・コミックス/双葉社)
  • 藤子・F・不二雄 SF全短篇 1巻(中公愛蔵版/中央公論社)
  • 藤子・F・不二雄SF短篇集 3巻(中公文庫コミック版/中央公論社)
  • ビッグ作家 究極短編集 藤子・F・不二雄(ビッグコミックス/小学館)
  • 藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版 6巻(小学館)
  • 藤子・F・不二雄SF短編集 2巻(My First BIG/小学館)
  • SF・異色短編 3巻(藤子・F・不二雄大全集/小学館)

上記のように「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」は複数のSF短編集に収録されているため、「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」を読みたくても、どの書籍がオススメなのか分からない方もいらっしゃると思います。

結論を言うと、「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」だけに限らず藤子先生のSF短編集を読むなら、すべてのSF短編112作品が収録された完全版書籍『藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版』の購入をオススメします。

藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版

  • 巻数:全8冊
  • 価格(電子書籍):1,320円
  • 価格(紙の書籍):1,980円

『藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版』には、1冊に10作品以上の短編漫画が収録されており、かつAmazonや楽天でも販売されているので購入もしやすくオススメです。

「超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)」をはじめとしたSF短編集を読んでみたい方は、ぜひ『藤子・F・不二雄SF短編集PERFECT版 6巻』の購入を検討してみてください!

超兵器ガ壱号(超兵器ガ壱號)を収録するSF短編集
created by Rinker
¥1,320
(2021/06/22 17:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

『SF短編集PERFECT版(6)』収録作品一覧

※作品名から個別の詳細ページに移動できます。

  1. 恋人製造法
  2. 創世日記
  3. 神さまごっこ
  4. パラレル同窓会
  5. 四畳半SL旅行
  6. あいつのタイムマシン
  7. 街がいた!!
  8. いけにえ
  9. 征地球論
  10. コマーさる
  11. 絶滅の島(サイレント版)
  12. 超兵器ガ壱號
  13. クレオパトラだぞ

 

 

ABOUT ME
気ぶりの爺さま
「藤子・F・不二雄 SF短編漫画図鑑」管理人。藤子・F・不二雄先生のSF短編集をこよなく愛しており、すべての短編集を読破。SF短編集の素晴らしさを伝えると同時に、お得にSF短編集を読む方法も発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です